Home研究発表

研究発表

国際学会発表

2018

Functional Photo-X-Generator, Shigeru TAKAHARA, Seminar at Chemistry Department, University of Malaya, Kuala Lumpur (2018) (平成30年2月13日).(招待講演)

Formation behavior of polyiodine complex in photocrosslinked polyvinyl alcohol fiber spun by electrospinning method, Sho Fujisawa, Masumi Yamamoto, Daiki Kashiwai, Pedram Azari, Ying Ying Khaw, Seng Neon Gan, and Shigeru Takahara*, 35th International Conference of Photopolymer Science and Technology, Chiba (2018) (平成30年6月25日-6月28日). (口頭発表)

Oxime Type Photoacid Generators Having Adamantyl and Superstrong Acid Precursor Group, Masumi Yamamoto and Shigeru Takahara*, 35th International Conference of Photopolymer Science and Technology, Chiba (2018) (平成30年6月25日-6月28日). (口頭発表)

Dispersion of graphene by photo-functional dispersant, Kento Mimuro, Shigeru Takahara, The 9th Asian Symposium on Printing Technology (ASPT2018), P-6, Tokyo, Japan (2018)(平成30年7月26-27日). (ポスター発表:共同発表者)

Dispersion and photo-precipitation of single-walled carbon nanotubes in polar solvents: water-soluble heterocoerdianthrone dispersant, Keishu Otaki, Tomohiko Hoshino, Shigeru Takahara, The 9th Asian Symposium on Printing Technology (ASPT2018), P-7, Tokyo, Japan (2018)(平成30年7月26-27日). (ポスター発表)

Onium Salts Type Photo Amphoteric Compound Generators, Takuya Marumo, Masato Nomura, Suda Kiatkamjornwong, Aran Hansuebsai, Daiki Kashiwai, Yuiichi Kaneko, Takuma Sawada, Yusuke Sato, and Shigeru Takahara*, 5th European Symposium of Photopolymer Science, (ESPS2018), O14, Mulhouse, France (2018)(平成30年9月3日-9月6日). (ポスター発表)

Poly(vinyl alcohol)-Iodine Complex Formation Enhanced by Photo-crosslinking, Shigeru Takahara*, Sho Fujisawa, Masumi Yamamoto, Daiki Kashiwai, Naoki Iwamura, Yusuke Ema, Yusuke Sato, Masanori Mizukoshi, Tomoki Nagano, Nobuyuki Ichikuni, Pedram Azari, Ying Ying Kha, and Seng Neon Gan, 5th European Symposium of Photopolymer Science, (ESPS2018), P25, Mulhouse, France (2018)(平成30年9月3日-9月6日). (口頭発表)

2017

Heterocoerdianthrone Derivatives as Dispersant for Single Walled Carbon Nanotubes and Formation of Thin Film, Yuting Ke, Shigeru Takahara*, 34th International Conference of Photopolymer Science and Technology, Chiba (2017) (平成29年6月26日-6月29日). (口頭発表:共同発表者)

Effect of Graphene Oxide on Strength Properties of Paper, Kotchaporn Thangunpai, Somporn Chaiarrekij, Shigeru Takahara, Enomae Toshiharu, Nuttaya Pongstabodee*, The 1st Suan Sunandha Academic National Conference on Science and Technology “TheCreativity and Innovation to Thailand 4.0” (SANSCI 2017), Bangkok (2017) (平成29年11月10日).(口頭発表)

2016

Photo-reactive dispersants of anthracene derivatives and photo-induced precipitation of carbon nanotubes using visible light irradiation, Yoshitaka Yagi, Toma Takebayashi, Kazuki Matsunaga, Tomohiko Hoshino, Nao Higuchi, Yuki Seki, Takato Tohyama, Shiori Okuda, Masaya Ninoyu, Atsushi Kondo, Nobuyuki Ichikuni, Shigeru Takahata*, Joint Symposium on Chemistry between National University of Singapore and Chiba University, Chiba (2016) (平成28年3月28日). (招待講演)

Water soluble Onium Salt Type Photo Amphoteric Compound Generators, Daiki Kashiwai, Yuiichi Kanoko, Takuma Sawada, Yusuke Sato, Shigeru Takahara*, 33rd International Conference of Photopolymer Science and Technology, Chiba (2016) (平成28年6月22日-6月24日). (口頭発表)

The investigation of photophysical and photochemical properties of thioxanthone-anthracene-9-carboxylic acid, Saliha Mutlu, Tolga Ceper, Shigeru Takahara, Nergis Arsu, Macro2016, Istanbul (2016) (平成28年7月17日-7月21日). (ポスター発表)

Photo-precipitation of Single Walled Carbon Nanotubes from the complex of photo reactive dipersant in film, Yuting Ke, Shigeru Takahata*, The 11th SPSJ International Polymer Conference, 16P-G4-185a, Fukuoka (2016) (平成28年12月13-12月16日). (ポスター発表)

2015

Oxime type photoacid generators generators having adamantyl group, Sanae Wada, Yoshitaka Yagi, Kasumi Hase, Kota Nakajima, Shigeru Takahara*, 32nd International Conference of Photopolymer Science and Technology, Chiba (2015) (平成27年6月24日-6月26日). (口頭発表)

2013

PXG and PRS: Expanding the Concept of Photoinitiator to Photo-X-Generator and Photo Reactive Solubilizer, Shigeru Takahara, The 4th Asian Symposium on Printing Technology (2013ASPT), Ho Chi Minh, Vietnam (2013)(平成25年9月26-27日).(招待講演)

2012

Photo Precipitation of Single-walled Carbon Nanotube by Photo-functional Soubilizer, Masaya Ninoyu, Atsushi Kondo, Takashi Karatsu, Shigeru Takahara, 7th Asian Photochemistry Conference 2012, PII-24, Osaka, Japan (2012)(平成24年11月12-15日).(ポスター発表)

Photochromic solubilizer of carbon nanotube: dialkyl- heterocoerdianthrones, Shigeru Takahara*, Masaya Ninoyu, Atsushi Kondo, Takashi Karatsu, XXIV IUPAC Symposium on Photochemistry, OC-55, Coimbra, Portugal (2012)(平成24年7月15-7月20日).(口頭発表)

2011

Specific Photo Acid-Generating Reaction of Oxime by 222nm Excimer UV Irradiation, Hiroki Hata, Shigeru Takahara*, International Conference on Imaging and Printing Technologies (ICIPT2001), p185, Bangkok, Thailand (2011)(平成23年8月17日-8月20日). (ポスター発表)

Molecular Association of Dialkyl-Heterocoerdianthrones and Application to Photo Functional Solubilizer, Masaya Ninoyu, Shigeru Takahara*, International Conference on Imaging and Printing Technologies (ICIPT2001), p187, Bangkok, Thailand (2011)(平成23年8月17日-8月20日). (ポスター発表)

Multifunctional Photoampholyte Compounds Generators, Yusuke Sato, Takatsugu Endo, Atsushi Shinji, Shigeru Takahara*, International Conference on Imaging and Printing Technologies (ICIPT2001), p190, Bangkok, Thailand (2011)(平成23年8月17日-8月20日). (ポスター発表)

Photo functional solubilizer of carbon materials in water, Shunhei Aoyama, Atsushi Kondo, Shigeru Takahara, The2011Asian Symposium on Printing Technology  (2001ASPT), Tokyo, Japan (2011)(平成23年9月19日-9月20日). (ポスター発表)

2010

Excited Singlet Electron Transfer in Sensitization Reaction of Oxime Type Photo-acid Generator in polymer Matrix, Naoto Nishizawa, Kota Nakazima, Tomoaki Tsumita, Shota Suzuki, Shigeru Takahara, Xacier Allonas, Jean-Pierre Fouassier, European Symposium of Photopolymer Science, LT1 (Invited short talk), Mulhouse, France (2010)(平成22年11月28日-12月1日).

Sensitization Effects and Mechanism of Oxime Type Photo-acid Generator, Shigeru Takahara, China-Japan Joint Symposium on Electronic Materials, L-05, Beijing, China (2010)(平成22年11月1日).

Photo-X-generator as Proton-target Fluorescence Probe, Shigeru Takahara, Takatsugu Endo, Yusuke Sato, Atsushi Shinji, Shota Suzuki, Nobukazu Miyagawa, XXIII IUPAC Symposium on Photochemistry, P-292, Ferrara, Italy (2010)(平成22年7月11日-7月16日).

2009

Application of Nanocarbons to Photosensitive Diazo/PVA Resist (2), Keiko Harada, Tetsuyuki Taniai, Yohko hanzawa, Masahiro Nakada, Kiyomi Matsuda, Shigeru. Takahara, Katsuyoshi Hoshino, Kazuyuki Sugita, 238th American Chemical Society National Meeting & Exposition, Washington, DC (2009) (平成21年8月16日-8月20日)

Direct Observation of Intermediates in Sensitization Reaction of Anthracenes and Oxime Type Photoacid Generator in Polymer Matrix, Shigeru Takahara, Naoto Nishizawa, Tomoaki Tsumita, 26th Conference of Photopolymer Science and Technology, Chiba (2009) (平成21年6月30日-7月3日).

Application of Carbon Nanotube (CNT) to Photosensitive Diazo/PVA Resist, Keiko Harada, Tetsuyuki Taniai, Masahiro Nakada, Hiroshi Hamana, Kiyomi Matsuda, Shigeru. Takahara, Kazuyuki Sugita, 26th Conference of Photopolymer Science and Technology, Chiba (2009) (平成21年6月30日-7月3日).

2008

Alicyclic Structured New Oxime Type Photoacid Generaror, Kota Nakajima, Tsumita Tomoaki, Shota Suzuki and Shigeru Takahara, 2008 International Symposium on Frontier Photoscience, Jeju, Korea (2008)(平成20年9月25-28日).

Self-aggregation Behavior of Photochromic Compounds: Alkyl substituted Aromatic Compounds (Invited), Shigeru Takahara (招待講演発表者), Naoma Ban, Hidehiko Ando, Tomoe Miyazawa, Hiroshi Sato, Nobukazu Miyagawa and Takashi Karatsu, 2008 International Symposium on Frontier Photoscience, Jeju, Korea (2008)(平成20年9月25-28日).

Photo-patterning of Bilirubin layer, S. Takahara, Atsumasa Takahashi, Park Chulho, Syunichi Otsuka and Satoki Hashimoto, XXII IUPAC Symposium on Photochemistry, P-335, Gothenburg, Sweden (2008)(平成20年7月28-8月1日).

Sensitization Reaction of Oxime Type Photoacid Generator, Shigeru. Takahara, Shota Suzuki, Tomoaki Tsumita, Xavier Allonas, Jean-Pierre Fouassier, Tsuguo Yamaoka, 25th Conference of Photopolymer Science and Technology, Chiba (2008) (平成20年6月26-29日).

Application of C60 to Photosensitive Diazo/PVA Resist, Keiko Harada, Tetsuyuki Taniai, Masahiro Nakada, Hiroshi Hamana, Kiyomi Matsuda, Shigeru. Takahara, Kazuyuki Sugita, 25th Conference of Photopolymer Science and Technology, Chiba (2008) (平成20年6月26-29日).

2007

Molecular photo-patterning materials: Soft lithography process of Bilirubin layer (Invited), Atsumasa Takahashi, Park Chulho, Syunichi Otsuka and Shigeru Takahara (招待講演発表者), 2007 International Symposium on Frontier Photoscience, Gyeongju, Korea (2007)(平成19年11月22-25日).

Application of Inclusion Compounds to Photosensitive Diazo Compounds for Improvement of Photo and Thermal Decomposition: Keiko Harada, Tetsuyuki Taniai, Masahiro Nakada, Kiyomi Matsuda, Shigeru Takahara, Kazuyuki Sugita, RadTech Europe 2007, Vienna, Austria (2007)(平成19年11月13-15日).

Sensitization Reaction of the Oxime Type Photoacid Generator of Photo-lithography, Tomoaki Tsumita, Shota Suzuki, Shigeru Takahara, 4th International Symposium of Advanced Materials in Asia-Pacific Rim, Niigata (2007)(平成19年7月13-15日).

2006

It is possible to make a photo-lithography by photo-isomerization?: Photo-patterning of Bilirubin thin layer, Atsumasa Takahashi, Park Chulho, Syunichi Ootsuka, Shigeru Takahara, 2006 International Symposium on Frontier Photoscience, Seoul, Korea (2006)(平成18年11月3-6日).

Multifunctional Photo-acid Generator: Proton-dependent Photo-acid Generator (Invited), Takatsugu Endo, Shota Suzuki, Nobukazu Miyagawa, Shigeru Takahara (招待講演発表者), 2006 International Symposium on Frontier Photoscience, Seoul, Korea (2006)(平成18年11月3-6日).

The rotation of LC alignment by the photoreaction of coumarin side chain: K. Takemura, N. Miyagawa, S. Takahara, XXI IUPAC Symposium on Photochemistry, P-252, Kyoto (2006)(平成18年4月2-7日).

Photoacid Generation Mechanism in Pyrromethene Sensitizing Dye/Oxime Type Photoacid Generator System: S. Suzuki, X. Allonas, J. P. Fouassier, T. Urano, S. Takahara, T. Yamaoka, XXI IUPAC Symposium on Photochemistry, P-301, Kyoto (2006)(平成18年4月2-7日).

Buildup-lithography from the photoreaction of self-assembled layer: Y. Nabeshima, S. Nakayama, S. Takahara, N. Koshizaki, N. Miyagawa, XXI IUPAC Symposium on Photochemistry, P-252, Kyoto (2006)(平成18年4月2-7日).

Photosensitization of Photoacid Generators by Pyrromethene Dyes: S. Suzuki, X. Allonas, J. P. Fouassier, T. Urano, S. Takahara, T. Yamaoka, XXI IUPAC Symposium on Photochemistry, P-407, Kyoto (2006)(平成18年4月2-7日).

Study on high sensitive photo radical system: N. Tarumoto, S. Takahara, XXI IUPAC Symposium on Photochemistry, P-421, Kyoto (2006)(平成18年4月2-7日).

Photogenerator Organized on Gold Nanoparticle: Takatsugu Endo, Nobukazu Miyagawa, Shigeru Takahara, PCPM-2006 (The 7th AIST International Symposium on Photoreaction Control and Photofunctional Materials), Tsukuba (2006)(平成18年1月17-19日).

2005

Interaction Mechanism In Pyrromethene Dye/Photoacid Generator Photosensitive System for High Speed Photopolymer: S. Suzuki, X. Allonas, J. P. Fouassier, T. Urano, S. Takahara, T. Yamaoka, SICC-4 (Singapore International Chemical Conference 4), Singapore (2005)(平成17年12月8-10日).

Pyrromethene Dye Sensitized Photopolymer for Microlithography: S. Suzuki, S. Takahara, T. Yamaoka, X. Allonas, J. P. Fouassier, SFC Grand Est 2005, Mulhouse, France (2005)(平成17年3月22-23日).

2004

Aggregation Switching in the Photochromic Reaction of Dialkylheterocoerdianthrone: S. Takahara, H. Ando, T. Miyazawa, N. Ban, H. Sato, N. Miyagawa, XX IUPAC Symposium on Photochemistry, P-317, Granada, Spain (2004)(平成16年7月17-22日).

Photochemical and Photophysical Behavior of the Pyrromethene Derivatives / N-Trifluoromethylsulfonyloxy-1,8-naphthalamide System in a PMMA Film: S. Suzuki, T. Urano, S. Takahara, T. Yamaoka, XX IUPAC Symposium on Photochemistry, P-317, Granada, Spain (2004)(平成16年7月17-22日).

2003

Photosensitive Polyimides with Nano-porous Structure and Low Dielectric Constant, T. Yamaoka, H. Iwasa, Y. Funabashi, S. Takahara, N. Miyagawa, The 13th International Conference on Photopolymers, Tamiment, Pensylvania, USA (2003) (平成15年10月20-22日).

Pyrromethene Dye Derivatives Sensitized Photopolymers and the Application to Visible Laser Direct Imaging, S. Suzuki, T. Urano, I. Hotta, K. Ito, N. Miyagawa, S. Takahara, T. Yamaoka, International Association of Research Organization for the Printing, Information and Communication Industries (iarigai), Dubrovnik, Croatia (2003)(平成15年9月6-10日).

Photoinitiated Ring-opening Polymerization and Image Formation in Thin Polymer Film Containing an Epoxide, C. Park, N. Miyagawa, S. Takahara, T. Yamaoka, 10th Annual International Conference on Composites/Nano Engineering (ICCE-10), New Orleans, USA (2003)(平成15年7月20-26日).

Laser Imaging of Copper Nanoparticles, Y. Okamoto, S. Takahara, N. Miyagawa, T. Yamaoka, XXIst International Conference on Photochemistry, Nara (2003)(平成15年7月26-31日).

Photoacid Generation of Pyrromethene Dye-Sensitized-1,8-naphthalimide by Irradiation of Argon Ion Laser and Application to positive tone photoresist, S. Suzuki, T. Urano, N. Miyagawa, S. Takahara, T. Yamaoka, XXIst International Conference on Photochemistry, Nara (2003)(平成15年7月26-31日).

2002

Photoacid Generation of Pyrromethene Dye-Sensitized N-oxynaphthalimidesulfonate by irradiation of Argon Ion Laser and Application to Positive Resist, S. Suzuki, N. Miyagawa, S. Takahara, T. Yamaoka, I. Hotta, K. Ito, T. Urano, 9th Electric Circuits World Convention, Koln, Germany (2002) (平成14年10月7-9日).

Positive-Working DUV Resist Based on Terpene Derivatives as Cross-linker, C-H. Park, J. Lee, N. Miyagawa, S. Takahara, T. Yamaoka, K. Kaneshige, K. Saeki, T. Morikawa, 19th Conference of Photopolymer Science and Technology, Chiba (2002) (平成14年6月25-28日).

Trivalent Iodine Compounds and Periodonium Salt as PAG, N. Miyagawa, S. Takahara, T. Yamaoka, 19th Conference of Photopolymer Science and Technology, Chiba (2002) (平成14年6月25-28日).

Aggregation Behaviour of Homo- and Hetero-coerdianthrone: N. Ban, T. Miyazawa, N. Miyagawa, S. Takahara, T. Yamaoka, P-77, 210, PCPM2002, Tsukuba (2002)(平成14年3月18-20日).

Three-Component Photo Radical Initiating System -The effect of Acceleratoe- : S. Suzuki, T. Urano, N. Miyagawa, S. Takahara, T. Yamaoka, P-77, 210, PCPM2002, Tsukuba (2002)(平成14年3月18-20日).

2001

Photo- and Thermal Recording Materials Based on Heterogeneous Polymeric Films, T. Yamaoka, Y. Hotta, Y. Yanagisawa, S. Takahara, N. Miyagawa, ESF European Conference: "Chemistry and Physics of Multifunctional Materials", P61, 122, Acquafredda di Maratea, Italy (2001) (平成13年9月22-27日).

Multi-functional Microgels Containing Carbazole Pendant and the Aplication to Photopolymer, H. Watanabe, N. Miyagawa, S. Takahara, T. Yamaoka, ESF European Conference: "Chemistry and Physics of Multifunctional Materials", P59, 120, Acquafredda di Maratea, Italy (2001) (平成13年9月22-27日).

Buildup-Lithography from thee Photoreaction of Self-Assembled Layer, S. Nakayama, S. Takahara, N. Miyagawa, T. Yamaoka, ESF European Conference: "Chemistry and Physics of Multifunctional Materials", P53, 113, Acquafredda di Maratea, Italy (2001) (平成13年9月22-27日).

Buildup Photolithography: S. Nakayama, S. Takahara, N. Koshizaki, N. Miyagawa, T. Yamaoka, PCPM2001, Tsukuba (2001)(平成13年3月14-16日).

Enhancement Mechanisms of Photoinitiation Systems as Incorporating Chemical Additives as an Accelerator: T. Urano, E. O. Okumura, K. Sakamoto, S. Suzuki, T. Yamaoka, PCPM2001, Tsukuba (2001)(平成13年3月14-16日).

Liquid Crystal Alignment of Polyesters Films with Photoreactive Main Chain: S. Takahara, M. Saito, K. Maeshima, S. Song, M. Watabe, H. Tsushima, M. Kawabata, I. Sumiyoshi, N. Miyagawa, T. Yamaoka, Symposium on Recent Trends in Photochemical Sciences, Trivandrum, India (2001)(平成13年1月8-10日).

Novel Photopolymers Based on Functionality of Vinyl Eteher and Photo Acid Generator for I-line Exposure: T. Yamaoka, K. Naito, S. Takahara, N. Miyagawa, Symposium on Recent Trends in Photochemical Sciences, Trivandrum, India (2001)(平成13年1月8-10日).

2000

Azobenzene Functionalized Vinyl Ether Compounds: H. Watanabe, N. Miyagawa, S. Takahara, T. Yamaoka, RadTech Japan 2000 Symposium, Yokohama (2000)(平成12年11月13-11月15日).

Visible Laser Recording of Polysilane Photopolymer: M. Okada, H. Tsuhima, M. Kawabata, I. Sumiyoshi, N. Miyagawa, S. Takahara, T. Yamaoka, RadTech Japan 2000 Symposium, Yokohama (2000)(平成12年11月13-11月15日).

Visible Light-sensitive Positive-working Photopolymer Based on Poly(p-hydroxystyrene) and Vinyl Ether Crosslinker: S. Noppakundilograt, N. Miyagawa, S. Takahara, T. Yamaoka, RadTech Japan 2000 Symposium, Yokohama (2000)(平成12年11月13-11月15日).

Positive Photopolyimide Based on Vinyl Ether: T. Nakano, H. Iwasa, N. Miyagawa, S. Takahara, T. Yamaoka, 3rd China-Japan Seminar on Advanced Aromatic Polymers, Chendu (成都), China (2000)(平成12年10月31-11月1日).

The Measurement of The Acid Diffusion in Vinyl Ether Crosslinked Photoresist by Impedance Method, Y. Araki, N. Miyagawa, S. Takahara, T. Yamaoka, 17th Conference of Photopolymer Science and Technology, Chiba (2000) (平成12年6月27-30日).

Holographic Recording of Polysilane Photopolymer, M. Okada, H. Tsushima, M. Kawabata, I. Sumiyoshi, N. Miyagawa, S. Takahara, T. Yamaoka, 17th Conference of Photopolymer Science and Technology, Chiba (2000) (平成12年6月27-30日).

Synthesis of Cyclized Copolymer from N-Substituted Dimethasrylamide and Application to a Photoresist with a Photo-Acid Generator, Y. Takao, N. Miyagawa, S. Takahara, T. Yamaoka, 17th Conference of Photopolymer Science and Technology, Chiba (2000) (平成12年6月27-30日).

国内学会発表

2018

光酸発生剤による単層カーボンナノチューブ薄膜の光ドーピング;頓田英雅,青合利明,髙原 茂;画像関連連合会, P10(京都)2018(平成30年11月15日-17日).(ポスター発表)

2,4-diaminobenzenesulfonic acidをカウンターアニオンとした光両性物質発生剤;丸茂拓也,髙原 茂*;第139回日本印刷学会研究発表会,予稿集INP-06P, pp5-8(千葉)2018(平成30年6月21日-22日).(ポスター発表)

極性溶媒中におけるヘテロコアジアンスロン誘導体を用いた単層カーボンナノチューブの分散と光析出;大滝 圭修,星野 智彦,髙原 茂;光化学討論会, 1P078,(関西学院大学)2018(平成30年9月5-7日). (ポスター発表)

ハロゲン結合を用いた超分子ポリマーの生成と光化学挙動;神崎 哲郎, 神田 理紗, 高原 茂, 海宝 龍夫;第67回高分子討論会,予稿集67巻2号1Pb050(札幌)2018(平成30年9月12日-14日).(ポスター発表)

2017

光両性物質発生剤を利用した環境調和型光機能材料;丸茂拓也,野村誠仁,柏井大樹,Suda Kiatkamjornwong,Aran Hansuebsai,髙原 茂*; 第137回日本印刷学会研究発表会, 予稿集 pp13-16(東京)2017(平成29年6月22日-23日).(口頭発表)

光機能性分散剤による単層カーボンナノチューブの選択性;遠山 貴都, 八木 芳孝, 一國 伸之, 高原 茂;第53回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム, 1P-39,(京都)2017(平成29年9月13日-15日). (ポスター発表)

光機能性分散剤による単層カーボンナノチューブの分散及び光析出;関 裕生, 高原 茂;第53回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム, 3P-36,(京都)2017(平成29年9月13日-15日). (ポスター発表)

エレクトロスピニング法により作製した光架橋性ポリビニルアルコールファイバーにおけるポリヨウ素錯体の生成挙動;藤沢 翔,一國信之,髙原 茂*; 第26回ポリマー材料フォーラム, 要旨集 p79(大阪)2017(平成29年11月16日-17日).(ポスター発表)

アントラセン誘導体を用いた単層カーボンナノチューブ分散剤による薄膜形成;遠山 貴都, Yuting KE,髙原 茂*; 第138回日本印刷学会研究発表会, 予稿集 pp73-76(京都)2017(平成29年11月30日-12月1日).(ポスター発表)

極性溶媒における光機能性分散剤を用いた単層カーボンナノチューブの分散と光析出;大滝圭修,星野智彦,高原 茂*; 第44回炭素材料学会年会,予稿集 PI12,p48(桐生)2017(平成29年12月6-8日). (ポスター発表)

光機能性分散剤による単層カーボンナノチューブの選択性における溶媒効果;遠山 貴都, Yuting KE,一國信之,髙原 茂*;第44回炭素材料学会年会,予稿集 PI14,p50(桐生)2017(平成29年12月6-8日). (ポスター発表)

Dipropyl-heterocoerdianthroneによるグラフェンの分散と光析出;三室研人,竹林冬馬,髙原 茂*;第44回炭素材料学会年会,予稿集 PI16,p52(桐生)2017(平成29年12月6-8日). (ポスター発表)

2016

Photo-precipitation of Single Wall Carbon Nanotubes from the complex 0f photo reactive dispersant in film;Yuting KE, Shigeru TAKAHARA; 光化学討論会, 1P064,(東京大学)2016(平成28年9月6-8日). (ポスター発表)

エレクトロスピニング法によるPVA(Sb-Q)薄膜中のヨウ素錯体の解析;藤沢 翔,柏井大樹,江間裕介,岩村直樹,佐藤勇介,水越正憲,長野那岐,一國信之,髙原 茂*; 第19回ヨウ素学会シンポジウム, 要旨集,p88-89,(千葉)2016(平成28年9月16日).(ポスター発表)

光機能性分散剤ベンゾキサンテン誘導体による単層カーボンナノチューブのカイライリティの選択性;遠山貴都,八木芳孝,奥田しおり,高原 茂; 第6回CSJ化学フェスタ2016, P1-135(タワーホール船堀)2016(平成28年11月14-16日). (ポスター発表)

2,10-dihydroxydibenzo[a,j]perilene-8,16-dioneによる単層カーボンナノチューブの選択的分散;樋口 尚,高原 茂; 第6回CSJ化学フェスタ2016, P5-127(タワーホール船堀)2016(平成28年11月14-16日). (ポスター発表)

2,10-dihydroxydibenzo[a,j]perilene-8,16-dioneによるTHF溶媒中でのSWNT分散挙動における濃度効果;樋口 尚,高原 茂*; 第43回炭素材料学会年会, PI08(千葉)2016(平成28年12月7-9日). (ポスター発表)

ヘテロコアジアンスロン誘導体を用いた単層カーボンナノチューブのクロロホルム中への分散/光析出とキラリティ選択性;関 裕生,高原 茂*; 第43回炭素材料学会年会, PII11(千葉)2016(平成28年12月7-9日). (ポスター発表)

2015

光架橋基を導入したPVA膜中におけるヨウ素錯体形成;柏井大樹,江間裕介,藤沢 翔,岩村直樹,佐藤勇介,水越正憲,長野那岐,一國信之,髙原 茂*; 第18回ヨウ素学会シンポジウム, 要旨集,p78-79,(千葉)2015(平成27年9月16日).(ポスター発表)

水溶性ヘテロコアジアンスロン誘導体による単層カーボンナノチューブの分散と光析出;星野智彦,高原 茂*; 第42回炭素材料学会年会, PII26(大阪)2015(平成27年12月2-4日). (ポスター発表)

2014

グラフェン及び単層カーボンナノチューブの光機能分散剤;八木芳孝, 奥田しお り,高原 茂*; 第41回炭素材料学会年会, PI37(福岡)2014(平成26年12月8- 10日). (ポスター,ポスター賞受賞)

単層カーボンナノチューブの光機能分散剤;八木芳孝, 奥田しおり,高原 茂*; コロイドおよび界面化学討論会, P041(東京)2014(平成26年9月3-5日). (ポスター発表)

2013

カーボンナノチューブのフォトクロミック可溶化剤;高原 茂*,二之夕雅也, 近藤 篤,唐津 孝; 光化学討論会, 1B10,(松山)2013(平成25年9月11-13 日). (口頭発表)

2012

感光性PVAを用いた薄膜中におけるヨウ素錯体の形成と解析;岩村直樹, 土山幸 治,佐藤勇介,水越正憲,一國信之,髙原 茂*; 第15回ヨウ素学会シンポジウ ム, 要旨集,p88-89,(千葉)2012(平成24年9月11日).(ポスター発表) 光両性物質発生剤の反応機構と機能性の付加;佐藤勇介,高原 茂*;日本化学 会第92春季年会,1G3-41,(東京)2012(平成24年3月27日)

2011

多機能性光両性物質発生剤;佐藤勇介,遠藤太佳嗣,進士敦史,高原 茂; 光化学討論会, 2P113,(宮崎)2011(平成23年9月6-8日).

2010

単層カーボンナノチューブのアントラセン誘導体による可溶化と光反応;近藤 篤,後藤雄作,矢貝史樹,高原 茂; 第37回炭素材料学会年会, 1PI36,(姫路)2010(平成22年12月1-3日).

高分子-ヨウ素錯体のフィルム中での熱変化;水越正憲,佐藤勇介,高原 茂; 第13回ヨウ素学会シンポジウム, pp94-95,(千葉)2010(平成22年11月9日).

多機能性光開始剤;光両性物質発生剤;佐藤勇介,遠藤太佳嗣,進士敦史,高原 茂; 光化学討論会, 3P005,(千葉)2010(平成22年9月8-10日).

光シス-トランス異性化によるビリルビン薄膜のパターン形成とその感度向上;岩村直樹,渡邉崇人,橋本学樹,高橋篤正,高原 茂; 光化学討論会, 3P002,(千葉)2010(平成22年9月8-10日).

単層カーボンナノチューブの光増感反応による一重項酸素の生成;近藤 篤,高原 茂; 光化学討論会, 3P001,(千葉)2010(平成22年9月8-10日).

アントラセン誘導体とオキシム系光開始剤のポリマー薄膜中での光電子移動反応;西沢直人,積田知明,高原 茂; 光化学討論会, 2P071,(千葉)2010(平成22年9月8-10日).

光二量化を引き起こす部位をもつ光配向性高分子材料でのトランス-シス異性化の効果;水越正憲,斉藤美希,前島慶一,高原 茂; 光化学討論会, 2P051,(千葉)2010(平成22年9月8-10日).

高分子薄膜中での可溶化ヘテロコアジアンスロンの分子会合体の光特性;二之夕雅也,坂 直磨,高原 茂; 光化学討論会, 2P048,(千葉)2010(平成22年9月8-10日).

222 nm による光酸発生剤の特異的な反応;秦 弘樹,中島浩太,高原 茂; 光化学討論会, 1P106,(千葉)2010(平成22年9月8-10日)

2009

ポリマー膜中でのアントラセン誘導体とオキシム系光開始剤の電子移動反応;西沢直人, 積田知明,高原 茂; 光化学討論会, 2P85,(桐生)2009(平成21年9月16-18日).

有機ケイ素・コバルト・ゲルマニウム複合粒子の気相作製と化学組成;坂野宏行,森田 浩,高原 茂,若狭雅信; 日本化学会第89春季年会, 2E5-02,(船橋)2009(平成21年3月28日).

2008

N-(p-anilinesulfonyloxy)-1,8-naphthalimideの光サイクル; 篠崎大祐,高原 茂, 遠藤太佳嗣,進士敦史; 光化学討論会, 2P119,(堺)2008(平成20年9月11-13日).

脂環構造を有する新規オキシム系光酸発生剤;中島浩太, 積田知明,鈴木昭太,高原 茂; 光化学討論会, 2P121,(堺)2008(平成20年9月11-13日).

2007

光酸発生剤による蛍光消光を利用した蛍光イメージング;篠崎大祐,遠太佳嗣,進士敦史,匂坂晃治,高原 茂; 日本印刷学会 第119回 秋期研究発表会, P-04, (神戸) 2007(平成19年11月16日).

ポリマー中におけるオキシム系光酸発生剤の増感反応; 積田知明, 鈴木昭太,高原 茂; 光化学討論会, 1P88,(松本)2007(平成19年9月26-28日).

ビリルビンの光シス―トランス異性化反応によるソフトな光パターニング; 高橋篤正, パクチュルホ,大塚周一,高原 茂; 光化学討論会, 1P89,(松本)2007(平成19年9月26-28日).

光酸発生剤による蛍光消光を利用した蛍光イメージング; 篠崎大祐,高原 茂; 光化学討論会, 2P85,(松本)2007(平成19年9月26-28日).

2006

クマリン側鎖の光反応による特異的な液晶配向挙動;竹村晃一, 高原 茂; 日本印刷学会 第117回 秋期研究発表会, P-17, (福岡) 2006(平成18年11月10日).

光酸発生構造をもつ新規蛍光プローブ; 遠藤太佳嗣, 宮川信一, 西川恵子, 高原 茂; 分子構造総合討論会2006, 4P115,(静岡)2006(平成18年9月20-23日).

クマリン側鎖の光反応による特異的な液晶配向挙動; 竹村晃一, 高原 茂; 光化学討論会, 2P090,(仙台)2006(平成18年9月10-12日).

高分子膜中におけるオキシム系酸発生剤の一重項増感反応; 白石大輔, 高原 茂; 光化学討論会, 3P086,(仙台)2006(平成18年9月10-12日).

2005

環境調和型酸発生剤の開発;樽本直浩, 高原 茂,宮川信一; 第14回ポリマーフォーラム, 2PB15, (東京) 2005(平成17年11月15-16日).

熱分解性架橋剤を用いた感光性ポリイミド;船橋祐太, 高原 茂; 第54回高分子討論会, 2Pf068, (山形) 2005(平成17年9月20-22日).

超微粒子上に組織化された光開始剤の研究; 遠藤太佳嗣, 宮川信一, 高原 茂; 光化学討論会, 2P058, (福岡) 2005(平成17年9月12-14日).

一重項増感剤と光酸発生剤からなる高感度フォトポリマー材料; 岩城仁, 鈴木昭太, パク チョルホ, 宮川信一, 高原 茂,日本化学会第85春季年会, 2K4-47, (横浜) 2005(平成17年3月26-29日).

高分子薄膜中での光カチオン重合を用いたリソグラフィ材料; パク チョルホ, 岩城仁, 宮川信一, 高原 茂, 日本化学会第85春季年会, 2K4-45, (横浜) 2005(平成17年3月26-29日).

2004

金超微粒子のレーザーイメージングとその薄膜中での光化学; 岡本吉生, 高原 茂; 光化学討論会, 3P084, (つくば) 2004(平成16年11月1-3日).

ラジカル及びカチオン重合ハイブリッド型ホログラフィックメモリ材料; 遠藤太佳嗣, 宮川信一, 高原 茂, 山岡亜夫; 日本印刷学会 第112回 春季研究発表会, P-14, (千葉) 2004(平成16年6月3-4日).

2003

コアジアンスロン化合物の会合及び光化学的挙動;高原 茂, 土屋直人, 松山誉, 宮川信一, 山岡亜夫; 光化学討論会, 3P76, (松江) 2003(平成15年11月22-24日).

光カチオン重合による可視光レーザー感光性フォトポリマー;パク チョルホ, 宮川信一, 高原 茂, 山岡亜夫; 日本印刷学会 第111回 秋季研究発表会, A-16, (大阪) 2003(平成15年11月6-7日).

ピロメテン系増感色素のレーザーダイレクトイメージングへの応用;鈴木昭太, 浦野年由, 村山俊一, 堀田厳, 伊藤克浩, 宮川信一, 高原 茂, 山岡亜夫; 日本印刷学会 第111回 秋季研究発表会, A-15, (大阪) 2003(平成15年11月6-7日).

エポキシドフィルムのカチオン重合反応を用いた新規画像形成材料;パク チョルホ, 宮川信一, 高原 茂, 山岡亜夫; 日本印刷学会 第110回 春季研究発表会, B-2, (千葉) 2003(平成15年6月9-10日).

157nmに高透過率をもつビニルエーテル化合物でのF2リソグラフィー用レジストの研究;小長井崇行, 宮川信一, 高原 茂, 山岡亜夫; 第52回高分子年次大会, IPh108, (名古屋) 2003(平成15年5月28-30日).

2002

コアジアンスロン化合物の会合及び光化学的挙動;坂 直磨, 宮川信一, 高原 茂, 山岡亜夫; 光化学討論会, 1P56, (京都) 2002(平成14年9月11-13日).

表面をピレン分子で化学修飾した有機超微粒子‐その光化学的挙動とイメージング材料への応用‐;渡邉宏臣, 宮川信一, 高原 茂, 山岡亜夫; 光化学討論会, 2P56, (京都) 2002(平成14年9月11-13日).

ピロメテン系色素によるナフタルイミド系酸発生剤の増感機構及び可視光ポジ型フォトポリマーとしての応用; 鈴木昭太, 浦野年由, 宮川信一, 高原 茂, 山岡亜夫; 光化学討論会, 2P56, (京都) 2002(平成14年9月11-13日).

2001

高分子-低分子ヘテロ分散型薄膜の熱可逆的相転移挙動とリライト記録の研究; 岩田 賢, 高橋 真, 堀田吉彦, 宮川信一, 高原 茂, 山岡亜夫; 第48回応用物理学関係連合講演会, 30p-ZH-12, (東京) 2001(平成13年3月28-31日).

2000

ジアルキルヘテロコアジアンスロンのフォトクロミック反応における会合; 高原 茂, 宮澤和江, 安藤豪彦, 坂 直磨, 宮川信一, 山岡亜夫; 光化学討論会, 3P126, (札幌) 2000(平成12年9月25-27日).

新規ピロメテン系色素の合成及びその増感機構の解明; 鈴木昭太, 浦野年由, 宮川信一, 高原 茂, 山岡亜夫; 光化学討論会, 3P002, (札幌) 2000(平成12年9月25-27日).

受賞

千葉大学平成22年度優秀発明賞(平成22年11月)2010年
本学発明者:高原 茂
受賞発明:「光酸発生剤材料、フォトリソグラフィー材料及びこれを用いたパターン膜の製造方法」特願2008-231462号

千葉大学オープンリサーチ 学長賞(優秀賞) (平成21年10月) 2009年

(社)日本印刷学会論文賞(平成17年2月)2007年
樽本直浩,高原 茂,ビスイミダゾールを用いた光ラジカル重合系における高機能連鎖移動剤の分子設計

日本化学会ポスター賞(平成11年4月)1999年
北本虎吾郎, 玉置信之, 山岡亜夫, 高原 茂, 松田宏雄; 日本化学会第76春季年会.

第4回193nmリソグラフィーに関する国際学会 ベストポスター賞(平成10年9月)1998年
H. Watanabe, T. Aoai, S. Kondo, N. Miyagawa, S. Takahara, T. Yamaoka, 4th International Symposium on 193nm Lithography, P009, Telft, Tyrol.

(社)日本印刷学会論文賞(平成8年2月)1996年
Characteristic Behaviors of Trifunctional Vinyl Ether Urethane Monomer in Protic and Aprotic Polymer Matrices: Z. Chen, S. Takahara, T. Yamaoka, Bull. Jpn. Soc. Printing Sci. and Tech., 32(5), 303-311 (1995).

新聞

2005年(平成17年)11月28日(月)○○上に掲載


国際学会における招待講演

Molecular photo-patterning materials: Soft lithography process of Bilirubin layer
(Invited), Atsumasa Takahashi, Park Chuluho, Syunichi Otsuka and Shigeru Takahara
2007 International Symposium on Frontier Photoscience, Gyeongju, Korea (2007)(平成19年11月22-25日).

Multifunctional Photo-acid Generator: Proton-dependent Photo-acid Generator
(Invited), Takatsugu Endo, Shota Suzuki, Nobukazu Miyagawa, Shigeru Takahara (招待講演発表者),
2006 International Symposium on Frontier Photoscience, Seoul, Korea (2006)(平成18年11月3-6日).

工業所有権

-------- (出願中) ---------

高原 茂,近藤 篤,出願(未公開)

--------(発明人として登録された工業所有権)---------

高原 茂、光酸発生材料、これを用いたフォトリソグラフィー材料及びこれを用いたパターン膜の製造方法 (脂環構造を有するオキシム系光酸発生剤からなる光酸発生材料に関する) 出願番号:特願2008-231462 (2008/9/9),外国出願(PCT出願):PCT/JP2009/65761 (2009/9/9),

高原 茂,鈴木昭太,光酸発生材料、これを用いたフォトリソグラフィー材料、光パターニングまたは光リソグラフィー,出願番号:特願2006-093877 (2006/3/30),特許登録4631059号 (2010/11/26) 

高原 茂,光パターニング材料および光パターン形成方法 (ビリルビン薄膜などの光リソグラフィーに関する),出願番号:特願2005-211948 (2005/7/21),特許登録4487069号 (2010/4/09)

金属超微粒子分散ポリマー組成物とその製造方法 登録3076654

安定化された半導体超微粒子の製造方法 登録3263102

半導体超微粒子の製造方法および組成物 登録3229620

空間光変調素子 登録2946108

電子写真感光体およびその製造方法 登録2939304

チエノ[3,2-b]チエニリデンビスベンゾキノン類およびその製造方法  登録2883639

有機発光素子の封止方法 登録2793048

有機多層膜光記録媒体の製造方法 登録25101711

光記録媒体の製造方法 登録2116545

光記録媒体 登録2938467

光記録媒体 登録2888538

光記録媒体 登録28846381

光記録媒体 登録2107132


ページトップへ
Copyright (C) 無料テンプレート005 All Rights Reserved.