学科・学生向けページ

オープンラボ詳細

日程

2019年
1/15 (火) 16:10〜
1/21 (月) 14:30〜
2/1(金) 15:00〜

場所

工学部8号棟 西ウイング一階 高原研究室



原研究室ではどんな研究をするのか?

光が関与する物質変換の基礎研究と 情報記録、超微細加工、フォトレジストなどの光機能材料への応用研究をします。

主な日程

2019年

1月 オープンラボ

3月 卒業研究配属発表

3月 研究室配属卒業研究生集合(8号棟104号室)
研究室ガイダンス初回・卒業研究テーマ打ち合わせ・安全研修
卒業研究テーマを教員から提案し相談して決めます。重要です。
*ただしここで決定した研究テーマは学生の興味の持ち方によって年度の早い時期には変えることもあります。

3月 引継ぎ実験
関係の深い研究をしていた卒業生がいる場合に,いっしょに実験をして実験スキルを学びます。

3月 研究室大掃除および研究室歓送迎会(夕方) 

4月 研究室行事の開始
予め引き継ぎ実験で基本的なスキルを学び,研究テーマに関する資料などについて調べておきましょう。

4月下旬  研究プロポーザル(学生全員)
各自がレジメとプロジェクターで自分の研究について,背景・目的・実験方法や計画をプレゼンテーションします。

9月〜10月  秋の学会シーズン (学会発表)

(卒業研究中間審査)

2020年

2月上旬 卒業研究発表会(口頭発表)

卒業研究はどうしてやるのか?

よりよい人生を求めるために大学で学んでいます。
少年少女の日の志を思い出してください。
卒業研究は自分から主体的に行わないと意味がありません。(一歩踏み込む)
まず自分に問いかけて動機(モチベーション)を自ら整理してみましょう。
高度技術専門職へのスタートです。
発見や発明によって大学が社会へ貢献する活動への参加ともいえます。
卒業研究が大学と社会を結んでいることもあります。
自ら研究テーマに挑戦する強い気持ちをもって自分を磨きましょう。

学生の進路と現在の価値について

私たちの生き方は基本的に自由です。
条件がそろえば無理に仕事に就かなくてもよいかもしれません。
しかしながら,能力が高く貴重な人材である皆さんには、自ら望んでも望まなくても、その才能を発揮する宿命があることを自覚してください。
大学で学んだ人の仕事の目的は自分が生きるためだけではありません。
この大学・研究をおこなう機会を持てるのはごくわずかの人だけです。
卒業はゴールではなくスタートですので、卒業後も研究室での研究を活かしたり、活かさなかったりといろいろな選択も自由です。
しかし研究を通して学んだ専門性の高い知識や経験は自信の源になります。
いずれにしても皆さんが価値の高い人材であることを自覚して、自分や社会を変革する力と意思を持って進んでください。

研究室の基本情報 

所属:千葉大学工学部
・学部
画像科学科
・大学院
融合理工学府 先進理化学専攻 物質科学コース

takahara@faculty.chiba-u.jp
043-290-3461 (原)
住所 263-8522 千葉市稲毛区弥生町1−33 千葉大学
(場所 工学部8号棟1階西ウィング)
2018年4月現在の研究室学生数 
--博士課程前期二年次学生4名・博士課程前期一年次学生2名・卒業研究配属学生6名

Copyright (C) 無料テンプレート005 All Rights Reserved.